2015年12月21日

石狩川治水工事

bitoe ishikari5.jpg


なにやら「おまつり」を写したモノクロ写真。
浴衣を着て、腰には花笠のようなものを差しアタマには鉢巻きをした大勢の人たちが曳くのは、線路の上に置かれた「山車」貨車。その先には飾られた星のマークの機関車が。トロッコのようなものも見える。
裏書きには次のようにある。「大正拾弐年七月二十五日石狩川治水美登位幾械工場祭典紀念」。
このあたりでひどく蛇行していた石狩川の治水工事では、川を直線化(ショートカット)する手法がとられた。一枚の写真がとらえたのは、真夏の記念事業の一コマ。92年前の写真だ。治水工事は十数年も続けられて、いま私たちが目にする「川」の流れになっている。

ビトエの部落史編さんのために地域の方から提供された一枚の写真である。川とともに歩んできたビトエ地区で保管されてきた貴重な一枚である。

posted by bitt at 22:00| Comment(0) | 郷土史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。